“日野宿”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひのしゆく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“日野宿”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
同じ江戸懐しい話をしながら、互に好い道づれを見つけた気でよ、一しよに路を急いで行くと、追つけ日野宿ひのしゆくへかからうと云ふ時分に、ちらちら白い物が降り出しやがつた。
鼠小僧次郎吉 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)