栃の実とちのみ
朝六つの橋を、その明方に渡った——この橋のある処は、いま麻生津という里である。それから三里ばかりで武生に着いた。みちみち可懐い白山にわかれ、日野ヶ峰に迎えられ、やがて、越前の御嶽の山懐に抱かれた事はいうまでもなかろう。——武生は昔の府中であ …
作品に特徴的な語句
ころ ばた おろ ごえ むかし 洪水でみず ちっ しな はつ やわらか ことば かさな きび やな あぜ ほまれ はず わか 断崕きりぎし ことわ しん 紅葉こうよう 往還ゆきかえり おもい 一羽いちわ ながれ くだ 不可いけな 欄干てすり なか ばし おうち ぎわ すさま 栃木とちのき へん から 片頬かたほお 可懐なつかし はた ふさが たたみ 夥多おびただ かど 大良たいら 宿しゅく なが かばね なか いわ しか かか 引傾ひっかたむ えん 御嶽みたけ 思出おもいだ 憧憬あこがれ 舁出かきだ 扇子おうぎ やぶ 河内かわち 洋傘こうもり 浅沼あさぬま しぶ したた くぐ 濡縁ぬれえん 煙管きせる すす つばめ さま 玉江たまえ なわて 白妙しろたえ 白山はくさん 白湯さゆ 白雲しらくも 相迫あいせま 真紅まっか 稲葉いなば 突掛つッか いかだ かゆ すが かざ 追着おッつ 軒札のきふだ 辿たど 近江おうみ 車夫くるまや 道割みちわれ