厨房日記ちゅうぼうにっき
こういう事があったと梶(かじ)は妻の芳江に話した。東北のある海岸の温泉場である。梶はヨーロッパを廻って来て疲れを休めに来ているのだが、避暑客の去った海浜の九月はただ徒(いたず)らに砂が白く眼が痛い。—— 別に面白いことではない。スイスのある …
作品に特徴的な語句
悪戯ふざ いつ しま しら むな 一度ひとた 叩頭こうとう きわ きたな ただ はずか しずま 住居ずまい 傷痕しょうこん すさま しら かたま きま ことごと 巴里パリー たび とびら こす こま せい たず くだ 丁丁ちょうちょう 仔細しさい ほか 俯向うつむ すこや そば わず 僻地へきち もう 光芒こうぼう かぶ 勃発ぼっぱつ にお 半歳はんとし 南無なむ 厨房ちゅうぼう つぶや 咄嗟とっさ くちびる 喧騒けんそう うそ うわさ ささや ふさ こわ 売捌うりさば 完璧かんぺき 容喙ようかい 幽艶ゆうえん 床几しょうぎ 度度たびたび ゆる 彼方かなた あと いたず たちま 恍惚こうこつ 恰好かっこう 悪霊あくりょう あわ 抛棄ほうき かかわ 掃溜はきだめ 掃除そうじ つか 撲滅ぼくめつ ゆえ 旺盛おうせい 昂騰こうとう 明瞭めいりょう 暗澹あんたん 暢気のんき しばら かつ いま 根柢こんてい かじ 棚曳たなび 棲息せいそく