“幽艶”の読み方と例文
旧字:幽艷
読み方割合
ゆうえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ナオミがメリー・ピクフォードで、ヤンキー・ガールであるとするなら、此方はどうしても伊太利仏蘭西あたりの、しとやかなうちにかなるびをえた幽艶な美人です。
痴人の愛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
あ、この幽艶清雅な境へ、まじい闖入者! と見ると、ぬめりとした長い面が、およそ一尺ばかり、左右へ、いぶりを振って、ひゅっひゅっと水をいて、真横に私たちの方へ切って来る。
半島一奇抄 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
まことに幽艶な婦人である。
厨房日記 (新字新仮名) / 横光利一(著)