盈虚えいきょ
衛の霊公の三十九年と云う年の秋に、太子蒯聵が父の命を受けて斉に使したことがある。途に宋の国を過ぎた時、畑に耕す農夫共が妙な唄を歌うのを聞いた。 既定爾婁豬 盍帰吾艾豭 牝豚はたしかに遣った故 早く牡豚 …
題名が同じ作品
盈虚 (旧字旧仮名)中島敦 (著)