“伯姫”の読み方と例文
読み方割合
はくき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
子路が魯に来ている間に、衛では政界の大黒柱孔叔圉が死んだ。その未亡人で、亡命太子蒯聵の姉に当る伯姫という女策士が政治の表面に出て来る。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
孔叔圉が死に、其の未亡人で蒯聵の姉に當る伯姫が、息子のを虚器に擁して權勢を揮ひ始めてから、漸く衞の都の生氣は亡命太子にとつて好轉して來た。
盈虚 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
孔叔圉が死に、其の未亡人で蒯聵の姉に当る伯姫が、息子の虚器に擁して権勢を揮い始めてから、漸く衛の都の空気は亡命太子にとって好転して来た。
盈虚 (新字新仮名) / 中島敦(著)