“蒯聵”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かいがい75.0%
くわいぐわい25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
霊公は、もう晩年に近かったが、自分の子の蒯聵かいがいのために、寵愛の夫人南子を殺されて、気を取りみだしていた。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
噂によれば、太子のいない衛国では、むを得ず蒯聵かいがいの子・ちょうを立てて、位に即かせたという。
盈虚 (新字新仮名) / 中島敦(著)
噂によれば、太子のゐない衞國では、已むを得ず蒯聵くわいぐわいの子・てふを立てゝ、位に即かせたといふ。
盈虚 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
現在の衞公てふとは異腹の弟だが、蒯聵くわいぐわいが戚の地に入ると直ぐに、母親と共に父の許に赴き、其處で一緒に暮らすやうになつたのである。
盈虚 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)