“伯耆守”の読み方と例文
読み方割合
ほうきのかみ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
火急、お訴えの事あって、大目附たる伯耆守ほうきのかみ様までまかり出ました。何とぞ、伯耆守様直々じきじきに、お聴取り下さるよう、お取次を願いまする
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この明石の源内武者定明という者は、伯耆守ほうきのかみ源長明という者の嫡男で堀川院御在位の時の滝口たきぐちの武者であったが、ここの預り処へ廻されて来たものである。
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)
越後国蒲原郡新発田かんばらごおりしばたの城主、溝口伯耆守ほうきのかみの家来、鈴木忠次郎、忠三郎の兄弟は、敵討の旅に出てから、八年ぶりに、親の敵和田直之進が、京師室町四条上るに、児医師こどもいしの看板を掲げて
仇討三態 (新字新仮名) / 菊池寛(著)