処方秘箋しょほうひせん
此の不思議なことのあつたのは五月中旬、私が八歳の時、紙谷町に住んだ向うの平家の、お辻といふ、十八の娘、やもめの母親と二人ぐらし。少しある公債を便りに、人仕事などをしたのであるが、つゞまやかにして、物綺麗に住んで、お辻も身だしなみ好く、髪形を …
作品に特徴的な語句
つめと トン にお 上下あがりおり くらやみ おっ あかし かま げん たたき おろ つやや ささ そう いそがわ さみ 真実まったく ちょう あい 最初はじめて とこ 其家そのいえ 出入ではいり じょう 一寸ちょいと たなそこ おそろ わざ ちゃん やや こう あかる にじ すき あまり おおき 塵埃ちりほこり ことば ろく 其方そっち あや 化粧けわい とら まつ くれない 心臓むね うしろ なり ひっ すく しゅ 寄合よりあ なまめ むすめ まばゆ したし 読本どくほん 目前まのあたり つう つる かえっ 男気おとこげ やっ 一町いっちょう 主婦あるじ 元結もっとい いなびかり がみ うずま それ まが 鍵形かぎなり うなじ 燈火ともしび 破目やぶれめ ともしび あかり 板目いため あらわ 寂然ひっそり すま そっ 思出おもいだ すま にん たば