学者安心論がくしゃあんしんろん
学者安心論 店子いわく、向長屋の家主は大量なれども、我が大家の如きは古今無類の不通ものなりと。区長いわく、隣村の小前はいずれも従順なれども、我が区内の者はとかくに心得方よろしからず、と。主人は以前の婢僕を誉め、婢僕は先の旦那を慕う。ただに主 …
作品に特徴的な語句
よろしき うれう くるしむ にくみ しから げん まじわり こころよし うれえ あらわ ゆるやか みつ さい ちょう しん ひそか かん 颯々さっさ かしま そね うれい せい ひま ふたつ くわだ せん ぜん 噴嚔くしゃめ 大家おおや 小姑こじゅうとめ おもい 時々じじ あん もく ちゃく たん 紛紜ふんぬん しこう きざし よそおい つまびらか はい はたらき ひく 却歩きゃくほ いと いにしえ めい くら 執行しゅぎょう 夥多あまた じつ 家厳かげん 家嫂よめ かたち うれ にく さしお 政事せいじ けい まなこ わたくし 茄子なすび 落着らくちゃく せめ のぶ いや やとい かた 頡頏きっこう 不通ふつう 些々ささ おおやけ おか しの わか さじ 卑陋ひろう 反故ほご 名目みょうもく とが 喋々ちょうちょう 嘉永かえい 婢僕ひぼく なかだち 孜々しし 家嫂かそう 小前こまえ 就中なかんずく いち