“超”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
98.8%
ちょう1.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“超”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > 小説 物語10.9%
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション4.4%
文学 > 日本文学 > 日本文学1.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
静かなる前後と枯れ尽したる左右を乗りえて、暗夜やみよを照らす提灯ちょうちんの火のごとく揺れて来る、動いてくる。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
むかしハンニバルがアルプス山をえる時に、路の真中に当って大きな岩があって、どうしても軍隊が通行上の不便邪魔をする。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
だから馬騰の血の中には、蒙古人がまじっている。嫡子ちゃくしちょうといい次男をきゅうといい、三男をてつという。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)