木魂すだま
……俺はどうしてコンナ処に立ち佇まっているのだろう……踏切線路の中央に突立って、自分の足下をボンヤリ見詰めているのだろう……汽車が来たら轢き殺されるかも知れないのに……。 そう気が付くと同時に彼は、今にも汽車に轢かれそうな不吉な予感を、背中 …
作品に特徴的な語句
まざ すく 彼奴やつら こび さい うら がわ 幸福しやわせ じょう ほっ おの まばたき 耳朶みみたぼ 砂利バラス 掻込かきこ ばん けん かろ 砂利ざり 残滓ざんさい あるい 思出おもいで なり 引返ひきかえ 幾何きか ぬり かた ささ こん ごろ つら つゆ あいだ ひら へん 記憶おぼ ほうむ おび じま 組合くみあわせ しま 立働たちはた こいし 硝子がらす とど ひとり 焦燥あせ ほと 木魂すだま かた こう しら 可愛かあい かわ 他愛たあい 今日きょう はか ふけ たたず たま 編纂へんさん 仰言おっしゃ すが ばち かか 羊歯しだ 羊羹ようかん あく 仕様しよう いも 虚空こくう やぶ おお つる 蓬々ぼうぼう また しん 膝頭ひざがしら あか 背後うしろ 今朝けさ