“候哉”の読み方と例文
読み方割合
そうろうや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
拝啓、今年はだいぶの魚鱗多くわれ、ほかの魚族も、よき潮模様と相見え候ところ、近来さっぱり御途絶、いかがなされ候哉秋日し、御一おすすめ申上候
田崎草雲とその子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
拝啓仕候ば過日瘠我慢之説と題したる草稿一冊をし候。は御一読も被成下候哉
しく持佛堂にじ入れて、深夜の御光臨は何御用にて候哉と問うと、丞相の霊が答えて、自分は口惜しくも濁世に生れ合わせて無実の讒奏をり、左遷流罪の身となったについては
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)