“風上”の読み方と例文
読み方割合
かざかみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その頃の学生は無暗と気が荒かった。何しろ日露戦争の始まる前の年だ。西洋音楽などやる奴は風上にも置けないと思っていた。
凡人伝 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
水は半ば凍り、泥濘を没する深さで、行けども行けども果てしない枯葦原が続く。風上った匈奴の一隊が火を放った。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
彼のすがたが森の奥に隠れた時に、英公は風上から火をかけた。父は我が子の将来をあやぶんで焼き殺そうとしたのである。