“伝家”の読み方と例文
読み方割合
でんか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
申したか! ウッフフ、とうとう伝家宝刀を抜きおったな! 今に五万石を小出しにするであろうと待っていたのじゃ。
伝家宝什御旗楯無の心をまもり、大祖父信玄衣鉢をつぎ、一白旗小太郎山孤塁にたてます。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼は外様中の外様大名なり。その乃祖元就が、正親町天皇の即位大礼の資を献じてより以来、恩賜の菊桐は、彼が伝家の記号となり、大膳太夫は、彼が伝来の通称となれり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)