“衣鉢”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いはつ92.6%
えはち3.7%
えはつ3.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
芭蕉の衣鉢は詩的には丈艸などにも伝はつてゐる。それから、——この世紀の詩人たちにも或は伝はつてゐるかも知れない。
続芭蕉雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
そこには法海禅師が背に衣鉢を負い手に禅杖を提げて立っていた。許宣はその傍へ飛んで往った。
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
エネルギー不滅論の祖とせらるるロベルト・マイアーは最もよくルクレチウスの衣鉢を伝えた後裔であった。
ルクレチウスと科学 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)