“いやし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
53.8%
17.9%
16.7%
3.2%
3.2%
1.3%
0.6%
卑賤0.6%
弥頻0.6%
0.6%
0.6%
鄙俗0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一方は赤裸々の心事を、赤裸々に発表すれども、他方はくも人に許さず、甚だ一笑一顰み、礼儀三千威儀の中に、高く標置す。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
更に人格の深処に根ざした、我々が一生の一大事である。純を尊び雑をむのは、好悪如何を超越した批判沙汰に移らねばならぬ。
雑筆 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
能々見るに岡山にし時數年我が家に使ひたる若黨の忠八にて有ければりの事に言葉も出ず女の細き心にて姿に成しを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
彼が最愛の妻は、その一人を守るべき夫の目をめて、みても余ある高利貸の手代に片思の涙をぐにあらずや。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
既にして挙場では、沈詢が知挙になってから、温を別席に居らせて、隣に空席を置くことになった。詩名はいよいよ高く、帝も宰相もその才を愛しながら、その人をんだ。
魚玄機 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
と、む者もあった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
是はまあどうした訳と二三日は気抜する程恨めしくは存じたれど、只今承れば御親子の間柄、大切の娘御を私風情のき者に嫁入してはと御家従のあなたが御心配なすッてれたも御道理
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
さりながら正四位何のとあって仏師彫刻師をにはたがらぬも無理ならぬ人情、是非もなけれど抑々仏師は光孝天皇是忠の親王等の系に定朝初めて綱位け、中々まるべき者にあらず
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
彼の面容を変らせていやり給う、その子貴くなるも彼はこれを知らず、卑賤くなるもまたこれをらざるなり、ただ己みずからその心に痛苦を覚え己みずからその心にくのみ
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
(前略)ほととぎす弥頻き喧きぬ独のみ聞けば不怜毛(下略) (巻十九。四一七七)
『さびし』の伝統 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
卒業論文には、国史は自分が畢生の事業として研究する積りでいるのだから、くも筆をけたくないと云って、古代印度史の中から、「迦膩色迦王仏典結集
かのように (新字新仮名) / 森鴎外(著)
もともとといふ名からして、大昔からめられ、罵しられた卑稱で、あやつ、こやつ、やつ、やつこ、の子、ツ子だといふことだ。
凡愚姐御考 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
われ一人の女性を救ひ、茲に妻となして、永恒の赤縄を結ぶと雖も、いささかも亦浮きたるを思はず。人間の悲願いよいよ高けれども、又あながち世の鄙俗きを棄てず。
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)