“赤縄”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えにし50.0%
せきじょう25.0%
ゑにし25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“赤縄”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
われとほどきし赤縄えにしの糸の、罪によごれ、血にまみれつゝめぐり/\て又こゝに結ぼるゝこそ不思議なれ。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
されば今の細君とても、やがてその黄金の尽きなむ時は、彼との赤縄えにし絶ゆる時なるべし。
葛のうら葉 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
またその叢書の『続幽怪録ぞくゆうかいろく』の中にある定婚店じょうこんてんの話は、赤縄せきじょうえんの伝説である。
怪譚小説の話 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
われ一人の女性を救ひ、茲に妻となして、永恒の赤縄ゑにしを結ぶと雖も、いささかも亦浮きたるほこりを思はず。
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)