葛のうら葉くずのうらは
その上 憎きもかの人、恋しきもかの人なりけり。我はなど憎きと恋しきと、氷炭相容れぬ二ツの情を、一人の人の上にやは注ぐなる。憎しといへばその人の、肉を食みても、なほあきたらぬほどなるを、恋しといへばその人の、今にもあれ我が前にその罪を悔ひ、そ …
作品に特徴的な語句
わづらい かこゐ かしづ 東京あづま 老媼ろうば 東京ここ 赤児みづこ 所為しうち 出立たた つね にや たぶらか には 美麗うつく こう 相応ふさは うけが 建築たちもの 相貌かほだち はかりごと ちなみ 軽率かるはづみ 紙幣かね おぞ すこ まで 救主たすけぬし おとな しろ 腹帯おび 後顧うしろみ 下女おんな 小言つぶや まつた くみ いま 宿とま 鑒識めがね 等閑なほざり はや まこと 波濤なみ 牛乳ちち 独言ひとりご ことわり ひるがへ つが つと ふみ 人品ひとがら つか 覊絆きづな 訃音しらせ むご うれ すく 幾許いくら 首途かどで 飛汁いばじる 赤縄えにし 背後うしろ はらわた 階子はしご すさ とろ たもと いぶか 調ととの 身装みなり 志望こころざし 下谷したや 不在るす ためし 先方さき 冷笑あざわら 売代うりしろ 大息といき くわ なだ 尖針とげ 店請たなうけ かど 相応ふさわ せわ 急立せきた あや 愛子あいし うら かま さき 母子おやこ 由縁ゆかり かゆ