かのように
朝小間使の雪が火鉢に火を入れに来た時、奥さんが不安らしい顔をして、「秀麿の部屋にはゆうべも又電気が附いていたね」と云った。 「おや。さようでございましたか。先っき瓦斯煖炉に火を附けにまいりました時は、明りはお消しになって、お床の中で煙草を召 …
作品に特徴的な語句
いやし きわめ おす うわ かむ ただち テエブル しりぞ ねむ いで かす さしはさ やや こた 相待そうたい もと 窓帷まどかけ はた これ かご あやつ さお さだ かがや いま 鼹鼠もぐらもち こと かえり しか 湊合そうごう 秋晴しゅうせい ひそか たん 端々はしはし 梧桐ごとう さね ひかげ ななめ 老緑ろうりょく 手応てごたえ ちょう はじ うかが たび 帰嚮きこう かど ちゅう せめ まか 嘲笑ちょうしょう 内証ないしょう 青玉せいぎょく つとめ かたわら たく 野猪いのしし なん 香茶こうちゃ 口吻こうふん うお おし さから かみ 餓鬼がき すべ 頑冥がんめい 綺麗きれい 頓著とんちゃく 絶待ぜったい 絨緞じゅうたん 絨氈じゅうたん つづ 糊塗こと 頽勢たいせい 畢生ひっせい くわ 額際ひたいぎわ こも たぐい へら 溜息ためいき はず 笑談じょうだん 顱頂ろちょう ひとみ 硝子ガラス 相容あいい 目潰めつぶ