“仏典結集”の読み方と例文
読み方割合
ぶってんけつじゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
卒業論文には、国史は自分が畢生の事業として研究する積りでいるのだから、くも筆をけたくないと云って、古代印度史の中から、「迦膩色迦王仏典結集
かのように (新字新仮名) / 森鴎外(著)