“けな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ケナ
語句割合
75.2%
7.6%
2.9%
非難2.9%
1.9%
軽蔑1.9%
1.0%
嘲笑1.0%
擯斥1.0%
1.0%
1.0%
誹謗1.0%
蹶做1.0%
1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どう言う破綻を生じますか? 『色や形は正に美しい。が、畢竟それだけだ』——これでは少しも桜の花をしたことにはなりません。
侏儒の言葉 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
折に触れて洋楽に対する私の興味を語ると、「洋楽はトッピキピのピだ」と一言にしつけた。
二葉亭余談 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
そして、彼はさらに黒手帳によって、あの物静かなげな奥さんが受取人となっでいる二万円の生命保険金は、一人息子の直一を立派に教育していく財産になるのであろうことを知った。
暴風雨に終わった一日 (新字新仮名) / 松本泰(著)
或は佳作以上で、傑作かも知れん。私は不断紛々たる世間の批評以外に超然としている面色をしていて、実は非難されると、非常に腹が立って、少しでもめられると、非常に嬉しかったのだ。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
『むむ、あの女か——あんな女は仕方が無い』なんてすじゃ有りませんか。どうでしょう、三吉さん、最早旦那が関係していたんですよ。女は旦那の種を宿しました。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
小説に関する御議論も中々あるらしいやうだ。荒尾君の作などはでも骨灰軽蔑される、お邸の書斎には沙翁を初めヂツケンスやサツカレイの全集が飾つてあるさうな。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
私は表へ飛出して、夢中で雪道をすたすたと歩いて、何の買物をしたかも分らない位。風呂敷包を抱〆て、口惜しいと腹立しいとで震えました。主人をすという心は一時に上る。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
大笑ひにつてやらうとへたが、てよ、たとへ迷信でも、主人ふことくまでく、かくも眞面目を、無下嘲笑すでもあるまいと氣付いたので
偉い人は之を動物的の愛だとか言って擯斥されるけれど、平凡な私の身に取っては是程有難い事はない。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「おゝ、るいなあ……あの親爺様は私より先に死んだかいなあ……」とお桐は突然泣き出した。
厄年 (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
まあ、十人が十色のことを言つて、したりしたりする、に蓮太郎の精神をめるものが有つても、寧ろ其を肺病のにしてつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
新吉に頭から誹謗されると、お作の心はドマドマして、何が何だかさっぱり解らなくなって来る。ただ威張って見せるのであろうとも思われる。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
息子の高輪田長三へ相談しましたけれど長三は一口に伝説を蹶做して了いました、其だから彼は此の塔を売る気にも成ったのでしょう
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
京都大学の新村教授は日本画家の作物して、画家はどうしても本を読まなければ駄目だと言つたさうだ。画家に本を読めといふのは大学教授にれといふのと同じやうに良い事には相違ない。