侏儒の言葉しゅじゅのことば
「侏儒の言葉」の序 「侏儒の言葉」は必しもわたしの思想を伝えるものではない。唯わたしの思想の変化を時々窺わせるのに過ぎぬものである。一本の草よりも一すじの蔓草、——しかもその蔓草は幾すじも蔓を伸ばしているかも知れない。 星 太陽の下に新しき …
作品に特徴的な語句
かい けん つい やぶさ ことごとく いわん しりぞ そぞ おお いひ つく いへ あた 希臘ギリシア あらわ 落款らくかん 鑵詰かんづ いまだ いにし そよ ひきがえる 筋斗きんと しょう ごと かつ ひそ おのずか いやし おわ 侏儒しゅじゅ うえ 耶蘇やそ 玉瀾ぎょくらん 瑞典スエーデン たん 蒲団ぶとん 羅曼ローマン かつ あわれ びょう しつ 敦煌とんこう みだり かつ いい かじ ばか なげう 胡適こてき あお はら 聡明そうめい いささ 群雀むらすずめ かか ののし まと つな 緑青ろくしょう 緋縅ひおどし 綵衣さいい 籠絡ろうらく とう むらが 篠懸すずかけ 生憎あいにく 滔々とうとう はげ しか 煽動せんどう 熊掌ゆうしょう 燐火りんか 爽快そうかい なんじ めす 牢獄ろうごく ひと 獰猛どうもう 瑣事さじ 瑣末さまつ かわら たた 瞑想めいそう 知慧ちえ 破綻はたん
題名が同じ作品
侏儒の言葉 (新字旧仮名)芥川竜之介 (著)