“籠絡”の読み方と例文
読み方割合
ろうらく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此処でもドーヴィル市長を始め賭博場のな役員、世界の諸国から賭博に来た金持男達まで殆どイベットに籠絡されて居る、と云う。
ドーヴィル物語 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
高言壮語を以て一世を籠絡するを、男児の事業と心得るものは多し、静思黙考して人間の霊職をうせんと企つる者は、いづくにある。
一種の攘夷思想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
これすなわち学者をして随意に書を読ましめ、国典を犯すに非ざればめざるゆえんなり。また、文学をもって政治を籠絡すべからず。