ドーヴィル物語ドーヴィルものがたり
日本留学生小田島春作は女友イベットに呼び寄せられ、前夜晩く巴里を発ち、未明にドーヴィル、ノルマンジーホテルに着いた。此処は巴里から自動車で二時間余で着く賭博中心の世界的遊楽地だ。 壮麗な石造りの間の処どころへ態と田舎風を取入れたホテルの玄関 …
作品に特徴的な語句
リイ だい 大変トレー 如何どれ ゆるやか おっしゃ いず うた みじめ くび つか あわ 如何どう にぎやか まつわ 小狡こずる ごく いや あざやか めく うな あらわ きらめ おだ ねむり 浴室バス やわら 喋舌しゃべり はずか けっ 気配けは しな 夜更よふか あて あつらえ ひろ くつが あり 彼処あそこ いかり 狼狽うろた 仕度した つか 何卒なにとぞ ひとり まさ 阿片アヘン ため 刺青いれずみ そむ つれ さから 手握てづか あお あわれ あか わざ おそ こび ずつ つい きま やす くび 木沓サボ 耳朶みみたぶ ひだ しか 老獪ろうかい 翡翠ひすい ののし しま すが 硝子ガラス 癇癪かんしゃく 百合ゆり 相応ふさわ 相槌あいづち 真似まね 真当ほんとう にら まつげ またた 破風はふ 素気そっけ 籠絡ろうらく よそお かんざし