厄年やくどし
故郷へ帰らうか、それとも京都へ行かうか、平三は此の問題に二日間悩まされた。同じことを積んだり崩したりして何時までも考がまとまらなかつた。 彼は毎年夏季休暇には帰省するを常として居たが、今年は最初から京都で暮さうと思つて居た。それは故郷の生活 …
作品に特徴的な語句
もら うむ ごねつ わづらひ ざま そな 混雑やゝこ どち うは しつか しまひ でか けな 兄様あんさま 阿母おつかあ とこ づつ しやう いづ 先刻さきがた ぢつ 断念おもひき かた 健康たつしや かた 間食あひぐひ はな 真実ほんたう あが あらたま あらは をか かへつ つまびら 襯衣シヤツ いぢ 火熱ほとり こた ながら いつ あれ うる 気拙きまづ 汚穢きたな 信号もの あん くは 洗足すゝぎ せい 呻声うめきごゑ しな かず 莞爾につこり ちな 耳敏みゝざと しぼり あふ 年老としより 煙管ぎせる やまひ ひど わづら 戯談じやうだん 権威ちから 下手しもて 洒落しやれ 渺茫べうばう 湯沸ゆわか 漁場あど 漁師れふし 漆喰しつくひ たゞよ とも 点頭うなづ すゝ 菰被こもかぶり くろず かつを こつ しきり さへぎ 近江あふみ ひざまづ 象棋しやうぎ したゝ いつは 西瓜すゐくわ 真瓜まくは