“一顰”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いっぴん71.4%
いちびん14.3%
いつぴん14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“一顰”を含む作品のジャンル比率
文学 > 文学 > 文学理論 作法1.0%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
昔の名君は一顰いっぴん一笑を惜んだそうだが、こいつ等はもう只で笑わないだけの修行をしているなと思ったのである。
百物語 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
一方は赤裸々の心事を、赤裸々に発表すれども、他方はいやしくも人に許さず、甚だ一笑一顰いっぴんおしみ、礼儀三千威儀いぎの中に、高く標置す。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
従つて、癇癪持のお柳が一家の権を握つて、其一顰いちびん一笑いつせうが家の中を明るくし又暗くする。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
詳に言ふこと能はざるかはりには作者の働にて一顰いつぴん一笑の間に事のこゝろを悟らしむることを得べし。
柵草紙の山房論文 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)