日本婦道記にほんふどうき糸車いとぐるま
「鰍やあ、鰍を買いなさらんか、鰍やあ」 うしろからそう呼んで来るのを聞いてお高はたちどまった。十三四歳の少年が担ぎ魚籠を背負っていそぎ足に来る、お高は、 「見せてお呉れ」 とよびとめた。籠の中にはつぶの揃った五寸あまりあるみごとな鰍が、まだ …
作品に特徴的な語句
じょ さかし くびす つか くに 谷峡たにあい 美味おい むせ うな ひさし 扶持ぶち 絢爛けんらん 翅音はおと ふと さかな ふすま かゆ まれ まぶ 目笊めざる ほとり 甲斐かい 燭台しょくだい すす せん ひな うろこ かじか 魚籠びく 魚田ぎょでん たか 駕籠かご 食膳しょくぜん うなず 雪解ゆきげ ひざ つじ 贅沢ぜいたく 深志ふかし たもと はち あお 可哀かわい 山辺やまべ 屏風びょうぶ 小謡こうたい へい 団欒だんらん すす 和泉いずみ うめ つぶや じょう 参詣さんけい いや くりや ひる いたわ 割烹かっぽう ぬす 俯向うつむ 信濃しなの おっ 松毬まつかさ おぼ あふ 温泉いでゆ 丹青たんせい 母娘おやこ こわ ゆが むろ かじ 板葺いたぶき 火桶ひおけ さら くすぐ そろ こしら 情誼じょうぎ かす 庖丁ほうちょう
題名が同じ作品
日本婦道記:梅咲きぬ (新字新仮名)山本周五郎 (著)
日本婦道記:尾花川 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
日本婦道記:おもかげ (新字新仮名)山本周五郎 (著)
日本婦道記:笄堀 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
日本婦道記:小指 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
日本婦道記:忍緒 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
日本婦道記:萱笠 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
日本婦道記:墨丸 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
日本婦道記:二十三年 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
日本婦道記:春三たび (新字新仮名)山本周五郎 (著)
日本婦道記:風鈴 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
日本婦道記:不断草 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
日本婦道記:松の花 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
日本婦道記:桃の井戸 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
日本婦道記:箭竹 (新字新仮名)山本周五郎 (著)
日本婦道記:藪の蔭 (新字新仮名)山本周五郎 (著)