“山辺”のいろいろな読み方と例文
旧字:山邊
読み方割合
やまべ76.9%
やまのべ7.7%
ヤマノベ7.7%
ヤマベ7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
梶女はたしかめるようにこちらを見ていたが、すぐ思いかえしたようすで、今日は山辺温泉へゆくからしたくするようにと云った。
日本婦道記:糸車 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
持統紀に、庚午賜死皇子大津於訳語田舎、時年二十四。妃皇女山辺髪徒跣奔赴殉焉。見者皆歔欷とある。磐余の池は今は無いが、磯城郡安倍村大字池内のあたりだろうと云われている。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
名ニシオフ宇治ノ山辺ノ坂口ニ、御屋形ヲ立、ココニテ一献進上。花沢ノ古城、コレハ昔、小笠原肥前ガタテ籠リシ折、武田信玄、コノ城ヘ取懸リ、数多討タセ、勝利ヲ失ヒシ城也。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)