我が円朝研究わがえんちょうけんきゅう「怪談牡丹灯籠」「江島屋騒動」「怪談乳房榎」「文七元結」「真景累ヶ淵」について「かいだんぼたんどうろう」「えじまやそうどう」「かいだんちぶさえのき」「ぶんしちもっとい」「しんけいかさねがふち」について
三遊亭圓朝初期の作品たる「怪談牡丹燈籠」「鏡ヶ池操松影(江島屋騒動)」「真景累ヶ淵」並びに代表作「怪談乳房榎」「文七元結」の諸篇を検討してみよう。いわゆる欧化時代の横顔たる西洋人情噺の諸作については引き続いて世に問う『圓朝』後半生篇の附録に …
作品に特徴的な語句
づきあ ひべ 戦慄スリル にや もや こし いや 横顔プロヒイル はじ しゅう ねがわ したた 献酬さかずき しまい はず 阿母おっかあ 如何どう 家内なか あれ ぬきがき ひそ ぐさ 金子けんす おと くみ 対照とりあわせ 幇間たいこ なり 挿話ひきごと めえ 柔和おとな 湯巻ゆもじ くすぶ つがい 発見みつけ あば くつが おか つまびらか あけ 陶器せともの 不知しらず 先達せんだっ かな 彼様あんな やす 新枕にいまくら 燧火すりび いぶ 画餅がへい わか 終夜よっぴて やに あげつら 逆上のぼせ かつら 一寸ちょっと 一蝶いっちょう 上梓じょうし 交情なか 傀儡かいらい すぐ 内法うちのり 出会でっくわ 出来しゅったい 南柯なんか 古方こほう 名聞みょうもん 呼吸いき 嘖々さくさく 嚆矢こうし 土器かわらけ 塵際ちりぎわ 売卜ばいぼく 大風おおふう 如燕じょえん 嫁子よめっこ 家人けにん 容易たやす しばしば 屡々しばしば 屹度きっと 幸手さって 庇間ひあわい わきま もてあそ とん あと 忸怩じくじ 悒鬱ゆううつ おび おどろ 愚者おろかもの