“庇間”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひあわい75.0%
ひあはひ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
絶壁と絶壁との庇間ひあわいの細く区切られた空、それも平地で見る様な明るいものではなく、昼間も夕暮時の様に鼠色で
パノラマ島綺譚 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
明智はその石垣を攀昇よじのぼって、板塀と土蔵との庇間ひあわいの薄暗い中へ入って行った。
一寸法師 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
庇間ひあはひや奈良の夜ふけにつ影の大きなる鹿のもそと来てあり
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
實を言ふと、主人を殺したのは此の凧なんだ。凧は金藏の二階の窓のくわんに掛つてゐた。——引つかけて置いたと言つた方が宜いだらう。絲は鐶を通してあつたさうだから。夜になつて風向が變ると、土藏と土藏の庇間ひあはひを吹き拔ける風が、この凧の唸りに當つてブーンと鳴る。