“新枕”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にひまくら55.6%
にいまくら44.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見るに衣裳見苦しけれども色白くして人品能くなる美男なれば嬉敷ひつゝ終に新枕せし故是より吉三郎もお菊を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
このくすぐつたさを處女だとすると、つら/\るに、媒灼人をいれた新枕が、一種の……などは、だれもかないであらうか、なあ、みゝづく。……
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
その晩のおとく孝助の新枕を「玉椿八千代までと思い思った夫婦中、初めての語らい、誠にお目出たいお話でございます」
怖いれにお累は新吉にり付く、その手を取って新枕、悪縁とは云いながら、たった一晩でお累が身重になります。これが怪談のでございます。
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)