“漁夫”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りょうし51.2%
れふし22.0%
ぎよふ9.8%
ぎょふ7.3%
いさりを2.4%
すなどり2.4%
れうし2.4%
ロツキユ2.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その風にって難破し、五六人の乗組の漁夫がみんな溺死して、その死体がそれから四五日もたってから隣村の海岸に漂著しましたが
少年と海 (新字新仮名) / 加能作次郎(著)
そして、毎日従兄と一緒に、浜へつれて行つてもらつて、漁夫たちの網をひくのを見たり、沖の方に、一ぱいにうかぶ帆舟をめたりしました。
さがしもの (新字旧仮名) / 土田耕平(著)
天涯渺茫たる絶海魚族は、漁夫などはもないから、れるとかれぬとかの心配らぬ、けれどりに巨大なるは
それかあらぬかロセッチのいた絵に地中海で漁夫を迷わすサエレンという海魔に持たしてあるのは日本のだ、しかもそれが縦にしてある
二面の箏 (新字新仮名) / 鈴木鼓村(著)
「何の、上総の浜から、漁夫の翁でも連れて参れば……」
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「あゝ仕方がない。もう死ぬまで漁夫の女房で暮らしていくことか。」
子良の昇天 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
數多の若き漁夫着物つけぬ女との集まりて
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)