“りょうし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
猟師33.3%
漁師31.0%
漁夫16.3%
料紙12.4%
猟夫2.3%
遼豕1.6%
両士0.8%
梁氏0.8%
猟人0.8%
良之0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「こんなに、なにがいるもんか。もっとい、日当たりのいいところでなくては、ってきはしない。」と、猟師はいいました。
北の国のはなし (新字新仮名) / 小川未明(著)
うしたには不思議現象なるものとえまして、姿がその漁師夢枕ったのだそうでございます。
「波が高いから、漁夫達を集めて船をずっと陸の方へ引上げるんです。姉さんはそんなことも知らないんですか、ぶってるくせに。」
月明 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
何者の子とも知れぬ藻という女子を相手にして、その歌というのを見て取らそう。料紙短冊にでもしたためてまいったか
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
山に一庵をむすび、みずからを割り水をんで、孤寂な山中人になりきっているとは——樵夫猟夫などの口から風のたよりには聞えて来るが、の者も、旧臣たちも、まだ誰もゆるされて
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
イハンヤ二十年ノ久シキヲヤ。今出シテコレヲ閲スレバ遼豕ナルヲ覚ユ。然レドモ当時ノ灯光書影歴歴トシテ目ニアリ。トシテ前生ヲ悟ルガ如シ。チ編シテ甲集トナス。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
両士は、サッと左右にわかれて、八門の陣のすきをうかがう。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼はをもって戴をさんざんに打ち据えて、遂に無残に打ち殺してしまったので、戴の妻の梁氏は夫の死骸を営中へき込んで訴えた。通事は人殺しの罪をもって捕えられた。
打たずに帰って来ましたが、四足でせえも、あゝって子を打たれゝば、うろ/\して猟人までも山を下って探しに来るのに、人間の身の上でた一人の忰を置いてげると云うは
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
当時はまだ法科大学フランス部の学生であった若槻礼次郎君、荒井賢太郎君、入江良之君、岡村君、織田君、安達峯一郎君等
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)