“ぎょじん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
漁人50.0%
魚人50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
東晋とうしん太元たいげん年中に武陵ぶりょう黄道真こうどうしんという漁人ぎょじんが魚を捕りに出て、渓川たにがわに沿うて漕いで行くうちに、どのくらい深入りをしたか知らないが、たちまち桃の林を見いだした。
五人の魚人ぎょじんたちをむかえた海底都市は、その歓迎に、町々がひっくりかえるほどのにぎやかさであった。
海底都市 (新字新仮名) / 海野十三(著)
僕の前にいた一きわ大きい魚人ぎょじんが、そういって、口からあぶくをふいた。
海底都市 (新字新仮名) / 海野十三(著)