“夢枕”の読み方と例文
読み方割合
ゆめまくら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼女は毎夜、父の亡霊が顔のまん中をおさえながら夢枕に現れて、「鼻が欲しい、———鼻を返してくれ」と云い続ける声を聞いた。
うしたには不思議現象なるものとえまして、姿がその漁師夢枕ったのだそうでございます。
そこで娘は目がさめるとすぐにこれこれこうこうと母親に話しましたので、さては猿沢の池の竜が夢枕に立ったのだと、たちまちまたそれが町中の評判になったではございませんか。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)