“冬仕度”の読み方と例文
読み方割合
ふゆじたく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
モスクヴァのわが家はもうすっかり冬仕度で、暖炉も焚いてあるし、毎朝子どもたちが登校の身ごしらえをしたりお茶を飲んだりしているうちはまだ暗いので
茶の間に座って冬仕度縫物をしていると玄から電話がかかって来た。