“花野”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はなの100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“花野”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
野路のじや空、月のなかなる花野はなの惜気おしげも無く織り込んだつづれの丸帯にある。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
半分は花野はなののごとく明らかである。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)