“花野”の読み方と例文
読み方割合
はなの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はさながら花野桔梗刈萱女郎花我亦紅瑠璃ける朝顏も、弱竹のまゝ漕惱めば、と、と、薄藍と、きまどひ、く。
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
半分は花野のごとく明らかである。そうして三四郎の頭のなかではこの両方が渾然として調和されている。のみならず、自分もいつのまにか、しぜんとこの経緯のなかに織りこまれている。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
極楽に行く人送る花野かな
自選 荷風百句 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)