“花野”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はなの100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
野路のじや空、月のなかなる花野はなの惜気おしげも無く織り込んだつづれの丸帯にある。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
極楽ごくらくに行く人送る花野はなのかな
自選 荷風百句 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
半分は花野はなののごとく明らかである。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
にははさながら花野はなのなり
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
花野はなのたてのひとおもて
草わかば (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
蝶は花野はなのの地にまよ
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)