“花見”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はなみ93.3%
はなみコ6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さまとならではおにもかじ、觀音さまのおりもいやよ、芝居花見さまならではと一トもとのかげにくれて
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
おじいさんは、まだ元気で、りにいったたり、おばあさんは、まだくて、みんなと花見にいったことなどをました。
片田舎にあった話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
田打櫻でも、蕗臺でも、彼處田畔ガラ見れバ花見だデバせ。弘前公園地觀櫻會だけヤエにお白粉アポツポドするエンタ物でネ。フン! 二十六タテ何ア目ぐせバ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)