“花見”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はなみ92.3%
はなみコ7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“花見”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
りし四ぐわつすゑつかた、さくらりて青葉あをばのかげにふぢ花見はなみといふころ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
其樣そのやうのこと他人ひとふてたまはるなよ、芝居しばゐ花見はなみかぬのはわたしのきにて
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
田打櫻タウヂざくらハナコでも、蕗臺バキヤタヂハナコでも、彼處アコ田畔タノクロガラ見れバ花見はなみコだデバせ。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)