蘆刈あしかり
君なくてあしかりけりと思ふにも いとゞ難波のうらはすみうき まだおかもとに住んでいたじぶんのあるとしの九月のことであった。あまり天気のいい日だったので、ゆうこく、といっても三時すこし過ぎたころからふとおもいたってそこらを歩いて来たくなった。 …
作品に特徴的な語句
はじめ まど 通行みちゆき がしら 修理すり したが 嬰子ややこ ただよ おの つめ ます うも こう けん ろう ぶね 生身しょうじん 渡船とせん わたり たかどの 手拭てぬぐ 御寮ごりょ 千世ちよ わか 家居いえい おっと はず ほと 鳴渡なると 馴染なじ 随身ずいじん へん 路次ろうじ かど 蝋塗ろうぬ けだ えん かげ 経廻けいかい すい からかさ はた わたくし むつま 熊野ゆや 煙草タバコ 煙管キセル 松風しょうふう みさお にな 所為しょい おん たな ひさし おれ 家作やづく 在所ざいしょ かつ くだ ひん にわ すなわ つな はだ 老妓ろうぎ もっ 翠巒すいらん ばち びん ともづな まと あか ひも まぎ つい 伊丹いたみ 脇息きょうそく しげ 縮緬ちりめん 繁昌はんじょう たま