“脇息”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうそく90.7%
けふそく8.1%
きようそく1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし光秀はまだ懐紙に手もふれていないし、そのは、脇息に託し、そのは、若葉時特有なそよぎを持つ庭面の闇へ向けていた。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鶴千代は二度までかう言つたが、ついへきれないで、ちやんと脇息れたなり、袴のなかに小便を漏した。