“脇士”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうじ37.5%
わきじ37.5%
わきし25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして越えて三月中に、発願の如く釈迦牟尼如来とその脇士(薬王、薬上の二菩薩)と、三尊の像が完成し荘厳安置せられた。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
脇士だの、楣間飛颺する天人の群像だのを、飽かずに眺め入りながらうと/\と日を送った。
二人の稚児 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
五百羅漢製作においても多大の精進を積まれ一丈六尺の釈迦牟尼仏の坐像、八尺の文殊普賢の坐像、それから脇士阿難迦葉の八尺の立像をもまれました。