“けふそく”の漢字の書き方と例文
語句割合
脇息100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
高麗縁の青疊の中、脇息れて、眼をやると、鳥の子に百草のを書いた唐紙、唐木に百蟲の譜をにした欄間、玉を刻んだ引手や釘隱しまで、此部屋には何となく
内府は病み疲れたる身を脇息に持たせて、少しく笑を含みて重景を見やり給ひ
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
旅費いから、旦那脇息とあるを、兄哥つて、猫板頬杖つくと、しいのは、摺上川てた土手街道を、について往來する人通りが、ものの姿容
飯坂ゆき (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)