“頬杖”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほおづえ86.8%
ほゝづゑ8.8%
ほほづゑ2.5%
ほほづえ1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私はぼんやり頬杖をついて、若い頃よくそうする癖があったように窓硝子に自分の額を押しつけながら、それを飽かずに眺めている。
楡の家 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
先哲いはく……君子はあやふきによらず、いや頬杖むにる。……、さみだれの、ふるにおとづれて……か。
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
金花は頬杖をついた儘、浮かない顔色を改めなかつた。が、山茶の言葉には多少の好奇心を動かしたと見えて
南京の基督 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
ふと気がついて、あたりを見廻すと例の謎の青年曾呂利本馬が、テーブルに頬杖ついて、こわいような顔で、なにか考えこんでいる様子であった。
爆薬の花籠 (新字新仮名) / 海野十三(著)