南京の基督なんきんのキリスト
或秋の夜半であつた。南京奇望街の或家の一間には、色の蒼ざめた支那の少女が一人、古びた卓の上に頬杖をついて、盆に入れた西瓜の種を退屈さうに噛み破つてゐた。 卓の上には置きランプが、うす暗い光を放つてゐた。その光は部屋の中を明くすると云ふよりも …
作品に特徴的な語句
はづか さう 襯衣したぎ テエブル ことごとく 恍惚くわうこつ あかる 画舫ぐわばう なほ 仰向あふむ 小舸せうか いまだ ほとんど わづら いや まばゆ 祈祷きたう 翡翠ひすゐ 茫然ばうぜん 蒼白あをじろ 頬杖ほほづゑ あざやか 上海シヤンハイ 何時なんどき ふたたび 冗談じようだん 呆気あつけ 咄嗟とつさ くは 喪心さうしん かじ ふさが 夜々よなよな もつと 巾地きれぢ べう おもむろ 愛嬌あいけう あわただ 拍子ひやうし こす なめら 燐寸マツチ いぶ 猶更なほさら 真鍮しんちゆう 華奢きやしや あを 蟋蟀こほろぎ 西瓜すゐくわ なじ ひざまづ くだ 飯館はんくわん 鳳凰ほうわう 一言ひとこと ほの 仔細しさい たたず 何処どこ 何時いつ 健気けなげ 光沢つや もた 南京ナンキン つぶや ひら ささや 土産みやげ あか ほこり 埃臭ほこりくさ 基督キリスト 容子ようす むし すくな とばり ドル 彼是かれこれ かならず たちま うら はばか 我儘わがまま くく はさ 敬虔けいけん うま 昨夜ゆうべ しばら おぼろ かい 欠伸あくび 歴々ありあり