楡の家にれのいえ
第一部 一九二六年九月七日、O村にて 菜穂子、 私はこの日記をお前にいつか読んで貰うために書いておこうと思う。私が死んでから何年か立って、どうしたのかこの頃ちっとも私と口を利こうとはしないお前にも、もっと打ちとけて話しておけばよかったろうと …
作品に特徴的な語句
うつ まどろ よぎ まな むな すさ かえ しゃが 幻影イリュウジョン しず あきら やっ くう かがや あらわ おわ とも すく 寡婦かふ こわ にく 慚愧ざんぎ 抽出ひきだ スバル なま かげ うなず すすき つぐな のが 逡巡ためら 一聯いちれん 上総かずさ ちん おっ 何処どこ 何故なぜ 何時いつ いつわ 信濃しなの そば いた 傷手いたで 億劫おっくう 其処そこ はげ 北京ペキン さじ 午餐ごさん いや 厭味いやみ 叱言こごと 咄嗟とっさ すす うわさ さえず ほこり 墓詣はかまい 婉曲えんきょく 安宅あたか 宿痾しゅくあ さび 山家やまが 山羊やぎ わか ねが 常談じょうだん 征雄ゆきお おび あわ 憔悴しょうすい 憤懣ふんまん おも 我儘わがまま ひら ひら おお