“叱言”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こごと96.3%
こゞと3.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“叱言”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語2.5%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
お辰とちがって、柳吉は蝶子の帰りがおそいと散々叱言こごとを言う始末で、これではまだ死ぬだけの人間になっていなかった。
夫婦善哉 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
こんな事をしたらばその畑の主が喧しく叱言こごとを言いはすまいかと言ってたずねますとなあに決して叱言など言いはしない。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
勿論もちろん叱言こゞとつたつて、かへるはうではお約束やくそくの(つらみづ)だらうけれど
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
一度いちどだつて贅澤ぜいたく叱言こゞとなどははないばかりか、じつきたいのである。
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)