爆薬の花籠ばくやくのはなかご
祖国近し 房枝は、三等船室の丸窓に、顔をおしあてて、左へ左へと走りさる大波のうねりを、ぼんやりと、ながめていた。 波の背に、さっきまでは、入日の残光がきらきらとうつくしくかがやいていたが、今はもう空も雲も海も、鼠色の一色にぬりつぶされてしま …
作品に特徴的な語句
行方ゆきさき ほし ぱし かおり づえ この とおり えにし 頬杖ほほづえ ほほ いり ほど 同胞どうほう 毛布もうふ うれい 苦笑くしょう おり ともしび 仕掛じかけ かか さいわ とら すくい 富豪ふごう やっこ 白布はくふ 歴々れきれき 丁野ていの 船長せんちょう 船橋せんきょう えつ うらみ 芸名げいめい あや いそが ほうむ 蒼白そうはく 彦田ひこだ 故国ここく 見張みはり 見覚みおぼえ 細工ざいく 言下げんか さっ 容態ようたい 容体ようたい 昨今さっこん しゃ 孤児こじ ごう 路傍ろぼう 破片はへん 追及ついきゅう あゆ 嘲笑ちょうしょう てい 殺害さつがい のろい にわ かたわら 使つかい あに 切迫せっぱく 前途ぜんと つら におい 静寂せいじゃく つかれ 仮面かめん あかり 電鍵キイ 雑言ぞうげん しら 鮮血せんけつ 白紙はくし うな 洋上ようじょう すぐ 脅迫きょうはく 編物あみもの 生残いきのこ 爆裂ばくれつ 鼻緒はなお かた うり 繃帯ほうたい 船影せんえい 美挙びきょ もの 船具ふなぐ 現場げんじょう 牝馬めうま ねら はだ