“維”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つな60.0%
24.0%
4.0%
これ4.0%
すみ4.0%
4.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
銀の鎖を付けた四疋の犬を牽き来り別室にぎ、去って金の皿四つに好肉を盛ったのを持ち来り、毎犬一皿を供えて出で行った。
まざる温雅の情操を持して、利害の打算にれ余念なき現時の市中に、其高く優しき行為を成すに至らしめしにはあらざるか。
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
それの実現を見たのは、延凞十年の秋である。は、雍州へ攻め入った。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
好日日あたたかに風さむし
六百句 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
といふは、たとへば骰子があり、にはがあり、には關節には四のあるごとく、よりけば弱く、よりふけば強く、より起ればしやすく
(二〇)へば(二一)し。(二二)らざれば滅亡