“繊維”のいろいろな読み方と例文
旧字:纖維
読み方割合
せんい57.1%
すじ28.6%
せんゐ7.1%
センイ7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところが不思議なことには、一番細い繊維を使って、感度を極端にあげた象限電位計が、ここでは、半年もすると誰にでも使えるようになるのであった。
実験室の記憶 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
晃平が、先刻、未だ日の暮れないうち、朝飯の菜にとて、山款冬数十茎を折って来たのを、みんなして、退屈ぎに、繊維を抜いては、鍋へ投げ入れる。
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
酸敗えかかつたの葉の繊維蛞蝓銀線を曳き
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)